第99回全国高校野球選手権岐阜大会第4日は16日、長良川球場など4球場で2回戦1試合と、A、Bゾーンの3回戦8試合を行い、大垣日大、中京学院大中京、美濃加茂、多治見のシード校がそろって4回戦進出を決めた。またも延長にもつれ込んだ2回戦の再試合は十一回、各務原が本巣松陽に競り勝った。

 大垣日大は、七回まで岐阜総合にリードを許しながらも、最後は春県王者の底力を発揮し、2-1の逆転で振り切った。中京学院大中京は、高野信元の2本塁打を含む11得点で六回コールド、美濃加茂はエース池戸昇太の好投に打線も応え、七回コールド勝ち。多治見は2点差の九回に起死回生の満塁弾など5点を奪って8―6の...    
<記事全文を読む>