「相手投手が代わったが、やることは一緒だ。甘いのを打つだけ。さあ行こう」 一、二回に6失点し、反撃を狙う半田。四回の攻撃の前、後藤浩介監督(22)の初々しい掛け声がナインを勢いづけた。

 石田匠選手(三年)はその言葉通り、狙い球を左前にはじき返して出塁し、後続の安打で生還。ベンチで「よくやった」と後藤監督が上げた右手に、自らの右手を合わせた。「気持ちを乗せてくれるんですよ」。試合後、石田選手は笑みを浮かべた。

 後藤監督はこの春、教員になったばかり。五年前まで、一宮高校の球児だった。先生よりも「兄貴分」が似合う。「兄と弟みたいな存在。だから一緒に盛り上がりながらやる」と後藤監督。

 ...    
<記事全文を読む>