第九十九回全国高校野球選手権愛知大会は五日目の十五日、二回戦の二十四試合が行われた。昨夏のこの大会四強の西尾東が、6-4で秋の県大会八強の知立東を退けた。大府は成章に一時リードを許したが、盛り返して二回戦を突破。碧南工、豊明はそれぞれサヨナラ勝ちした。六日目の十六日は三回戦の二十試合があり、至学館や中京大中京などシード八校が登場する。

...    
<記事全文を読む>