四回、4点を取られてなお2死満塁のピンチに小牧の捕手、井上怜選手(三年)がエースに笑顔で声を掛けた。「余裕を持っていつも通り投げよう」。ピンチでも強気の配球で引っ張った。後続を打ち取り、五回以降は無失点に抑えた。

 昨年の大会初戦、1点差を追う九回1死一、三塁で打席に立った。次の打者は中学校からの先輩。「何とかつなぎたい」と思ったが、結果は三振。重圧に押しつぶされ、いつものスイングができなかった。

 野球をやめようと悩んだ時期もあった。試合後に、先輩たちから「俺たちの分も頑張ってくれ」と声を掛けられ「踏ん張らないと」。野球を続ける決意をした。それからは「練習に行くのが楽しくて仕方な...    
<記事全文を読む>