第九十九回全国高校野球選手権愛知大会は三日目の八日、県内十球場で一、二回戦の二十七試合が行われた。今大会唯一の瀬戸北・名古屋商の連合チームは1-11(五回コールドゲーム)で海翔に敗れた。延長戦の好ゲームもあり、炎天下、スタンドでは球児たちへの声援が響いた。四日目の九日は一、二回戦の三十試合が予定されている。

...    
<記事全文を読む>