第九十九回全国高校野球選手権愛知大会は二日目の二日、一回戦二十三試合があった。蒲郡東は二〇一五年の一年生大会優勝の愛知黎明に勝ったほか、幸田と成章もサヨナラ勝ちし、いずれも二回戦に駒を進めた。パロマ瑞穂、小牧、豊田の三球場で計三試合が雨天のため途中ノーゲームとなり、三日目の八日に順延となった。八日は一回戦と二回戦の計二十七試合が予定されている。

...    
<記事全文を読む>