同点で迎えた九回1死一、二塁。名経大高蔵の満安真洸(まひろ)選手(三年)は「次につなぐ意識で」と気持ちを落ち着かせた。肩の力を抜いて振り抜くと、打球は大きく伸びて左翼席へ。三年連続初戦敗退のチームに勝利をたぐり寄せる本塁打になった。

 三、五回の好機ではいずれも外野フライに倒れた。「緊張で自分のスイングができなかった。ここで凡打を打ったらどうしようという焦りがあった」。九回は迷いを振り払い、一心にバットを振った。

 小坂井のエースは、左横手投げからマウンドの左に大きくステップする独特のフォームで投げ込む。「無理に引っ張らず、センターから右方向を意識した」という。本塁打は左方向だった...    
<記事全文を読む>