藤枝明誠の鉄壁の守備は勝ち上がる度に輝きを増した。派手な美技はない。だが、捕れる打球を確実にアウトにした。6試合でわずか3失策。大雨の決勝もほぼ完璧に守り抜き、光岡監督は「合格点」とにんまり笑った。

 中断明けの終盤3イニングに真価が詰まっていた。水が浮いたグラウンドで、「まず落ち着いて捕球すること。できることをやった」と遊撃手西村。指揮官が「明誠野球の申し子」と評する名手を軸に、内野陣が危なげなくゴロをさばいた。

 大会を通じて堅守を支えたのは二塁手松村だ。昨秋から主将を務めたが、「主将の役割に追われ、プレーに集中できなかった」と春先に右翼手中田と交代。決勝こそ九回の失策を悔しが...    
<記事全文を読む>