第99回全国高校野球選手権静岡大会で初優勝した藤枝明誠高は27日、藤枝市内の同校で学校報告会を行った。前日の決勝で、降雨中断を挟んで約5時間半の激戦を戦い抜いたナインは、疲れも見せず晴れやかな表情を浮かべた。

 ナインは生徒や職員らの拍手に迎えられて会場入り。塙博校長が「前評判では打撃に問題ありと言われていたが、素晴らしい打撃力を見せつけてくれた。持てる力を全て出すことができた」とあいさつした。

 光岡孝監督は「皆さんの応援が力になり、心を一つにして甲子園をつかむことができた」と感謝の言葉を述べた。

 中田悠斗主将は「日本一を目指して甲子園に乗り込む」と決意を口にした。

 チアガール部...    
<記事全文を読む>