日大三島打線は終盤に意地を見せた。七回1死から3安打し2得点。八回は野口の右翼への2ランが出て、最終回は主将長尾の適時打などで4得点した。だが、序盤の大量失点が重くのしかかり、反撃は実らなかった。

 準決勝まで打率5割の長尾は4打席目まで2三振を含む無安打だった。「(相手投手の)サイドスローに戸惑ったが、再開後はみんなでつなぐ意識を持った」。野口は「準決勝まで投手陣が頑張っていたので、決勝は打線で援護したかった」と話した。新原の4安打などチーム15安打。2桁得点を奪ったのは今大会初めてだった。

 「周囲に期待されながら秋、春と結果を残せず、自分も力んでいたが、夏は思いきってやろうと...    
<記事全文を読む>