第99回全国高校野球選手権静岡大会第8日は23日、草薙、あしたかの両球場で準々決勝を行い4強が出そろった。浜松商が昨夏の覇者常葉大菊川との打撃戦を制し、2年連続の準決勝進出。第2シード静岡は投打がかみ合い常葉大橘を退けた。第3シード藤枝明誠は主戦久保田蒼布が加藤学園打線を5安打1失点に封じた。藤枝明誠は初の4強入り。日大三島は救援した吉田玲太、土屋良介の粘投で第5シード掛川東の反撃をしのぎ、6―5で逃げ切った。第9日は25日、草薙球場で準決勝を行う。

 ■23日の結果(準々決勝) ▽あしたか球場 藤枝明誠 4―1 加藤学園 日大三島 6―5 掛川東 ▽草薙球場 浜松商 11―9 ...    
<記事全文を読む>