■日大三島逃げ切る ▽準々決勝(あしたか第2試合) 掛川東  000050000―5 42000000×―6 日大三島 ▽三塁打 塩谷(日) ▽二塁打 野元、杉本、徳山(掛)長尾(日) ▽妨害出塁 原(日) ▽試合時間 2時間26分 【評】日大三島が掛川東の追い上げを1点差で振り切った。

 日大三島は初回、無死満塁から藤井が押し出しの四球を選んで先制。さらに塩谷の走者一掃の三塁打で3点を加えた。二回は長尾が2点適時二塁打を放った。終盤は粘り強い守備で掛川東の反撃をくい止めた。

 掛川東は6点を追う五回、6安打を集めて一挙5得点。六、七、八回にも得点圏に走者を進めて攻勢を強めたが、日...    
<記事全文を読む>