静岡市駿河区の県営草薙球場で8日に開幕した全国高校野球選手権静岡大会。県立清流館高(焼津市)ナインの中心にいるのが、先天性難聴の石間雄大二塁手(3年)だ。仲間の協力もあり、難聴をハンディとせず前向きに努力を重ねてきた。「野球から大切なことを学んだ。悔いのないプレーをする」。集大成を披露するつもりだ。

 補聴器を付けても後方からの声が聞き取りにくい石間選手。当初は二遊間や二塁後方での捕球や、中継プレーにミスが出たこともあった。ナインはルールをつくり、飛球に対して石間選手が「オッケー」と声を上げた時、周囲はその判断を優先するよう徹底した。

 2年の八木柚樹遊撃手は「石間さんは打者が打っ...    
<記事全文を読む>