第99回全国高校野球選手権静岡大会は8日、草薙球場で開幕する。開会式のリハーサルが7日、同球場で行われ、プラカードを掲げて入場行進を先導する静岡商の生徒や、吹奏楽担当の科学技術の生徒ら計約200人が練習に汗を流した。

 開会式は午後1時に始まり、前年優勝の常葉大菊川を先頭に準優勝の袋井が続き、東、中、西部の順で入場行進する。選手宣誓は静岡北の小坂汐音主将が努める。開幕戦の常葉大橘―浜松日体は午後2時50分に開始。

 大会は112校が出場。県内10球場で甲子園への出場権を懸けて熱戦を展開する。日程が順調に進めば準決勝は25日、決勝は26日に草薙球場で行う。

 ■先導役の静商生徒「胸張り...    
<記事全文を読む>