六日町4-3新潟南 延長戦にまでもつれた接戦は攻守に粘りを見せた六日町が勝ち取った。十一回、決勝の適時三塁打を放った大津祥樹は「気持ちで負けたらおしまいと思った。全員で勝った試合」とほおを緩めた。

 小刻みに点を取り合うシーソーゲームだった。六日町の先発大津は七回を3失点。同点に追いつかれてマウンドを引き継いだ水沢亮太は気迫の投球を見せ、八回以降、ゼロに抑えた。

 攻撃練習では相手の左投手攻略のため、チームの左投手から投げてもらい、打ち込んだ。守備でも走者を背負った場面をつくり、ノックなどを受けた。

 その努力が延長十一回に結実。左投手に対して大津は「真っすぐ一本で振ろう」と、右中間...    
<記事全文を読む>