第99回全国高校野球選手権(8月7日開幕・甲子園球場)に出場する松商学園(松本市)の選手4人や足立修監督らが26日、県庁を訪れ、抱負を語った。

 夏は9年ぶり36度目の出場。長野大会の優勝メダルを首に掛けた藤井大地主将は「甲子園でも全力疾走、全力プレーを貫き、全国や長野県の方に感動を与えたい」と決意を述べた。中島恵理副知事は「みなさんは長野県で野球をしている子どもたちの期待の星。感動と勇気を与える活躍を期待します」と激励し、硬式球1ダースを贈った。

 長野大会で印象に残ったシーンを中島副知事から問われた伴場洋紀記録員は、小諸商業(小諸市)に勝った準々決勝を挙げ、「青柳が気持ちのこも...    
<記事全文を読む>