決勝は2年連続で松商学園―佐久長聖の対戦に―。第99回全国高校野球選手権長野大会第12日は22日、長野オリンピックスタジアムで準決勝2試合が行われ、松商学園が10―3で岩村田に、佐久長聖は12―0で東海大諏訪にそれぞれコールド勝ちした。松商学園は2年連続、佐久長聖は6年連続の決勝進出を決めた。

 松商学園は一回に犠飛で1点を先制。五回、岩村田に逆転を許したものの、その直後に吉川の2点二塁打で再び勝ち越し、森田の適時三塁打、本木の2点ランニング本塁打で一挙5点を挙げた。八回にも4点を加え、コールドゲームに持ち込んだ。

 佐久長聖は一回に西藤の3ランなどで4点を先制した。右腕林が東海大...    
<記事全文を読む>