第99回全国高校野球選手権長野大会は22日、長野オリンピックスタジアムで松商学園―岩村田、佐久長聖―東海大諏訪の準決勝2試合が行われる。

 佐久長聖と東海大諏訪はシード校同士の対戦。松商学園と岩村田はシード校を倒し、力と勢いをつけてきた。唯一の公立校の岩村田は準優勝した1993年以来となる24年ぶりの準決勝進出で、佐久長聖は6年連続、松商学園は3年連続、東海大諏訪は3年ぶりにベスト4入りした。

 4校ともコールド勝ちもありながら、逆転勝ちや延長戦など厳しい試合を乗り越えてきた。ここまでの成績を見ると、打率は4割3分8厘の東海大諏訪が頭一つ抜けているが、総失点も16点で最も多い。失点...    
<記事全文を読む>