第九十九回全国高校野球選手権長野大会は二十日、長野オリンピックスタジアムで準々決勝二試合があり、4強が出そろった。

 第一試合は連覇を狙う佐久長聖が、終盤に追い上げた上田西を振り切り、六年連続の準決勝進出。第二試合は岩村田が松本深志との接戦を制し、準優勝した一九九三年以来、二十四年ぶりの4強入りを決めた。

 二十一日の休養日を挟み、二十二日は準決勝二試合が同球場で行われる。

...    
<記事全文を読む>