第99回全国高校野球選手権長野大会第8日は16日、4球場で3回戦の残り8試合が行われ、ベスト16が出そろった。

 飯山は1点を追う七回に打者一巡の攻撃で5点を挙げ、10―5で上伊那農に逆転勝ち。上田千曲は3試合連続となる2桁安打2桁得点で松本蟻ケ崎を圧倒し、コールド勝ちした。下諏訪向陽は川瀬の3点本塁打などで飯田風越から序盤に大量点を奪い、9年ぶりの16強入りを決めた。

 岩村田は三回に5長短打で4点を奪うと、その後も松本美須々ケ丘から得点を重ね、5年ぶりのベスト16入り。松本深志は1点リードの七回に3点を加え、池田工を振り切った。長野吉田は19安打26得点で阿南に大勝。長野東は2...    
<記事全文を読む>