4点を追う三回、満塁のチャンスで打席が回ってきた。「甘い球が来たら狙っていく」。高めに浮いた初球を振り抜くと、打球は左翼席上段に突き刺さった。序盤に5点を奪われ敵に傾いた流れを取り戻す満塁本塁打に、味方ベンチは総立ちになった。

 「苦しいことばかりだったけれど、あの打席で結果を出せてよかった」 入部以来けがに悩まされてきた。入学時に右肘の疲労骨折が発覚。手術を経て本格的に練習に参加するのはその年の夏前になった。

 今年五月には練習中に右太ももの肉離れを発症。「間に合わないかも」と最後の大会への出場も一時危ぶまれた。

 それでも「3年間、誰よりも練習してきた自信がある」。遅れを取り戻す...    
<記事全文を読む>