高校野球の第99回全国選手権神奈川大会第12日は23日、サーティーフォー保土ケ谷球場など4会場で5回戦8試合を行い、第1シードは東海大相模、横浜、桐光学園が8強入りを決めたが、星槎国際湘南が敗れた。

 東海は延長十一回に4番森下翔太(2年)がサヨナラ打を放ち2-1で向上に競り勝った。横浜は増田珠(3年)、万波中正(2年)の本塁打で藤沢翔陵に6-2で逆転勝ち。星槎は中盤以降に打ち込まれ日大に4-9で屈した。大師は2-4で桐光に、氷取沢は5-16で立花学園に敗れ、公立はすべて姿を消した。

 準々決勝は横浜スタジアムで、25日に横浜-相洋、桐光-慶応、26日に日大-立花、東海-日大藤沢が...    
<記事全文を読む>