高校野球の第99回全国選手権神奈川大会第11日は22日、大和スタジアムなどで4回戦残り8試合を行い、第1シードの東海大相模、第2シードの横浜隼人などが勝ち進み、16強が出そろった。

 氷取沢は第3シードの横浜創学館を5-4で下し、創部35年目で初の16強入りを決めた。第1シードの星槎国際湘南も綾瀬を5-1で退け、夏は初のベスト16となった。

 東海大相模は橘に11-1で圧勝。向上も多摩に9-2で勝った。私学同士の対決となった横浜隼人-横浜商大は、3-2で隼人に軍配が上がった。日大藤沢は4-3のサヨナラで辛くも横須賀総合を振り切った。

 第12日は23日、サーティーフォー保土ケ谷球場な...    
<記事全文を読む>