高校野球の第99回全国選手権神奈川大会第10日は21日、サーティーフォー保土ケ谷球場など4会場で4回戦8試合を行い、第1シードの横浜や桐光学園が勝ち上がったほか、三浦学苑が12年ぶりに5回戦に駒を進めた。

 慶応は桜丘を7-2で下し、6年連続で5回戦進出。平塚学園は鶴嶺に10-1、相洋は川和に7-0でコールド勝ち。大師は6-5で城山に競り勝った。藤沢翔陵は4-2で横浜商に勝利し、5年連続で16強入りした。

 第11日は22日、同球場など4会場で4回戦の残り8試合を行う。

...    
<記事全文を読む>