第99回全国高校野球選手権神奈川大会第3日は12日、小田原球場など10会場で1回戦20試合を行い、大楠が17年ぶりの勝利を挙げたほか、桜丘が強豪の藤嶺藤沢を破り、2回戦へ進んだ。

 大楠は2点を追う八回に打線が6短長打を集中させ逆転、九回にも6点を駄目押しし、12-7で大和東に勝った。桜丘は四回に打者11人で7点を先行し、追いすがる藤嶺藤沢を8-5で振り切った。

 平塚湘風は右腕諏訪偉折(3年)が三塁を踏ませずに大和西を完封し、4-0で快勝。伊志田の左腕北村幸大(3年)も14三振で被安打3と好投し、旭から5-0の完封勝利を挙げた。

 第4日は横須賀スタジアムなどで1回戦20試合を行う...    
<記事全文を読む>