東海、横浜がリード両雄追う慶応、桐光、星槎 第99回全国高校野球選手権神奈川大会は8日、横浜スタジアムで開幕する。全国最多189校が出場し、甲子園を目指して県内11球場で29日の決勝まで熱戦を繰り広げる。優勝争いは今春の県大会を制し、春季関東大会で準優勝した2015年夏の全国覇者・東海大相模と、前年王者の横浜がリードするが、前回準優勝で昨秋の県大会を制した慶応、5年ぶりの優勝を狙う桐光学園、創部初の第1シードとなった星槎国際湘南なども頂点をうかがう。激戦必至の大会を展望する。

 2015年夏の全国覇者・東海大相模と、大会2連覇を狙う横浜が優勝候補の筆頭だ。

 東海大相模は今春の県大会...    
<記事全文を読む>