全国高校野球選手権西東京大会は28日、神宮球場で準決勝が行われ、屈指のスラッガー、早実の清宮幸太郎内野手が八王子学園八王子戦で高校最多本塁打とされる通算107号をマークし、2012年夏までに兵庫・神港学園の山本大貴がつくった記録に並んだ。

 「3番・一塁」で出場した清宮は2-1で迎えた七回、外角低めへ沈む球を捉えて左中間席へソロ本塁打を放ち、4-1の勝利に貢献した。記録更新と夏の甲子園大会出場が懸かる30日の決勝(神宮)で東海大菅生と対戦する。

 狙いを定めていた。「前の球が内角の真っすぐだったので次はチェンジアップだと思っていた」。2-1の七回。先頭で迎えた第4打席。清宮は2ボー...    
<記事全文を読む>