夏の高校野球千葉大会は二十五日、ZOZOマリンスタジアム(千葉市美浜区)で決勝があり、昨夏覇者の木更津総合が習志野を4-3で破り、2年連続6回目の優勝を決めた。木更津総合のエース左腕、山下輝(ひかる)投手(三年)は8奪三振の完投。6年ぶりの優勝を目指した習志野は、二回と四回に同点に追いつくなど粘ったが、あと一歩及ばなかった。

 木更津総合は一回表2死二塁から芦名望捕手(三年)の左前適時打で先制。同点で迎えた六回表には、大木巴哉選手(三年)の犠打が相手の失策を誘い、二走の野尻幸輝選手(二年)が生還、決勝点となった。守っては140キロ台の直球や多彩な変化球を武器とする山下投手の好投で...    
<記事全文を読む>