夏の高校野球千葉大会は二十四日、ZOZOマリンスタジアム(千葉市美浜区)で準決勝2試合があった。第1試合は伝統校の習志野が検見川に7-2で勝ち、第2試合では、昨夏覇者の木更津総合が春の選抜に出場した東海大市原望洋を6-2で破った。決勝は二十五日午前十時から同スタジアムで開かれる。

 習志野は一回裏、池田来翔(らいと)選手(三年)の左翼席中段に飛び込む先頭打者本塁打などで一挙3点を先制。二回裏にも2点を加え、試合の主導権を握った。守っては投手2人の継投で相手打線を5安打2失点に抑えた。検見川は四死球などから何度も好機を作ったが、決め手を欠いた。

 木更津総合はエース左腕、山下輝(ひか...    
<記事全文を読む>