「4回戦まで勝てたのは周りの支えがあったからこそ。こんな状況の中、応援してくださった皆さんに感謝でいっぱい」。拓大紅陵の度会(わたらい)基輝主将(三年)は習志野との激闘を終え、目頭を押さえながら、声を絞り出した。

 甲子園に春夏通算で9回出場の強豪。大会開幕直前、元野球部員の少年三人が売春防止法違反(周旋)容疑で警視庁に逮捕された。県高校野球連盟(高野連)は十一日、日本高野連の判断として、県大会への出場を現段階では差し止めないと公表。だが、選手らにとっては、いつ何らかの処分が出るか分からない中での出場となった。

 県高野連の圓城寺一雄会長は「選手たちが不安を覚える気持ちも分かるが、...    
<記事全文を読む>