第99回全国高校野球選手権千葉大会の開会式が十一日、千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムであり、169校168チームが堂々と行進した。選手宣誓では成田北の柏木風希(ふうき)主将(三年)が「すべてのプレーに思いを乗せて、最後の夏を全身全霊で戦い抜く」と力強く語った。

 春の県大会で優勝した専大松戸をはじめ、連覇を狙う木更津総合、千葉敬愛、検見川のAシード4校を中心に、熱戦が繰り広げられそうだ。春の選抜に出場した東海大市原望洋は、プロ注目の右腕、金久保優斗選手が投打の軸となる。

 1回戦は十二日から県野球場(千葉市稲毛区)など10会場で開かれる。決勝は二十五日、ZOZOマリンスタジア...    
<記事全文を読む>