チームは30日、甲子園で戦うベンチ入りメンバー18人を発表した。県大会20人のメンバーから島崎大輔内野手(2年)と、長谷川威展投手(3年)の2人が外れた。

 二塁手の島崎は「サポートメンバーとして声を出して活気づけていきたい。(先輩の)千丸さんのプレーを目に焼き付けて自分の糧にする」。貴重な左横投げの長谷川は「チームのためにできることは何でもやる。必要があれば打撃投手で上からでも投げる」と献身的に支える覚悟だ。

 メンバーら21人は30日午前、久喜市の鷲宮神社と加須市の不動ケ岡不動尊で必勝祈願を行った。鷲宮神社では主将の千丸が絵馬に「日本一」と書き、「埼玉県内ではまだ夏の甲子園で優...    
<記事全文を読む>