第99回全国高校野球選手権埼玉大会は26日、浦和学院―花咲徳栄のカードで決勝を行う予定だったが、降雨のため順延となった。決勝は27日、県営大宮で午前10時から実施する。

 両校は26日、県営大宮に向かう途中で順延の一報を受けて学校へと引き返した。その後、各校で浦和学院は午後から約1時間、花咲徳栄は室内練習場で約3時間、最終調整を行った。

 4年ぶり13度目の優勝を目指す浦和学院の森監督は「選手が疲れていたので恵みの雨。気負わずいつも通り粘り強くやる」と意気込む。

 3年連続5度目の栄冠を狙う花咲徳栄の岩井監督は「がっぷり四つで、覚悟を決めて戦いたい」と力を込めた。

 優勝校が全国高校野...    
<記事全文を読む>