第99回全国高校野球選手権埼玉大会は26日、県営大宮球場で午前10時から決勝を行い、浦和学院と花咲徳栄が対戦する。前日の25日、両校とも学校グラウンドで調整した。

 埼玉を代表する両校が夏の決勝で顔を合わせるのは初めて。浦和学院は、1991年の春日部共栄以来となる3季連続県大会優勝を目指す。対する花咲徳栄は、一県一代表制では県史上初となる夏の大会3連覇を狙う。

 両校は昨秋、今春の県大会決勝でも対戦。秋は延長十二回の末、浦和学院が4―3とサヨナラ勝ち。春も延長十回の末、浦和学院が7―6でサヨナラ勝ちした。

 雌雄を決する一戦を制した優勝校が全国高校野球選手権(8月7日から15日間・甲...    
<記事全文を読む>