第99回全国高校野球選手権埼玉大会第13日は24日、県営大宮球場で準決勝2試合を行い、ともにAシードの浦和学院と花咲徳栄が26日の決勝に進んだ。浦和学院は4年ぶり17度目、花咲徳栄は3年連続6度目の決勝進出。昨秋、今春の県大会決勝と同カードで両校が夏の決勝で顔を合わせるのは初めて。埼玉を代表する両雄が甲子園への切符を懸けた大一番で激突する。

 名門同士のぶつかり合いとなった浦和学院―春日部共栄は、秋、春に続く今季県大会3冠を目指す浦和学院が3―2でサヨナラ勝ち。九回に蛭間が右前打で出塁。山本が犠打で送り2死後、本田が内野安打を放って決勝点を奪った。二回に秋山がソロ本塁打、五回には...    
<記事全文を読む>