(23日・県営大宮球場ほか) 浦和学院が完璧な完封リレーを披露。先発渡辺が7回を1安打に抑えると、2番手佐野が2回を無安打に封じた。打線は三回、無死三塁から矢野が中前へ先制打。七回には1死二塁から代打桑野の二塁打、さらに2死一、二塁から杉山の中前打で計2点を加えて試合を決めた。聖望学園はわずか1安打。計8三振を喫し、三塁を踏めず。エース西沢ら投手陣の奮闘を援護できなかった。■役割全う7回無失点 渡辺、みなぎる自信 身長188センチの体が、さらに大きく見えた。

 浦和学院の2年生右腕渡辺が7回を1安打無失点に封じ、先発として文句のつけようのない投球を披露。「緊張もなく、役割は果たせ...    
<記事全文を読む>