(第99回全国高校野球選手権埼玉大会) 夏の大会では15年ぶりの顔合わせ。浦和学院の盤石な投手陣を春日部共栄は打ち崩せるか。

 浦和学院はこれまでの5戦で3失点のみ。2年生投手陣が堅調で左腕佐野、渡辺がこれまで自責点0と安定感がある。高めに入ると痛打される恐れがあり低めを丁寧に突くことが肝心になる。

 対する春日部共栄は追い掛ける展開だけは避けたい。エース高橋が走者を背負ってからも粘り強く投げること。打線は川畑が出塁して、理想の形で攻撃できればおのずと勝機は見えてくる。

...    
<記事全文を読む>