第99回全国高校野球選手権埼玉大会は二十一日、さいたま市の大宮公園球場などで、5回戦8試合が行われた。

 春季関東大会優勝の浦和学院は九回途中まで星野にリードを許す厳しい展開ながら、延長十二回にサヨナラ勝ち。

 大会三連覇を狙う花咲徳栄は浦和実に勝利。Dシードの山村学園は北本を破り、同校史上初の8強進出を決めた。

 浦和学院は初回、二回に計3失点。星野の技巧派左腕・湯澤卓己投手(三年)に五回まで無得点と苦しんだが、1点差を追う九回無死三塁で秋山拓海選手(三年)の犠飛で同点。

 延長十二回に家盛陽介選手(三年)の右前適時打でサヨナラ勝ちした。

 二十三日には準々決勝4試合が行われる。浦和学...    
<記事全文を読む>