聖望学園は一回に島村の右越え2ランで先制し、二回に川上の左犠飛、六回に敵失で加点した。本庄東は桐敷が5四球と苦しみ、守備も4失策と乱れた。▽5回戦本庄東001000010|221000100×|4聖望学園■きっちり4番の役割 先制弾の聖望・島村 4番島村の一振りが聖望学園を3年連続の8強に導いた。一回2死一塁、「追い込まれる前に打つ」と初球の真ん中高めの直球を振り抜いた。打った瞬間にそれと分かる打球に、相手右翼手は見上げるしかなかった。

 本庄東の左腕・桐敷から、2戦連続となる先制の2ラン。岡本監督は「相手は好投手。2、3点取れたらと思っていた。(一回の)2点が大きかったね」と試...    
<記事全文を読む>