昨秋までレギュラー争いをしていた選手が、チームのために自らの夢を断念した。チームを統括するマネジャー「主務」となった大宮東の岩城凱士(かつし)さん。「自分を犠牲にしてでも、甲子園のために仲間を支える」と語る。チームメイトはこの思いを胸に、一丸となって聖地を目指す。

 岩城さんは小学4年で野球を始め、三塁手や遊撃手を務めていた。越谷西中時代には軟式野球部に所属。俊足の右投げ左打ちの好打者で守備力もあり、市内の選抜チームにも選ばれた。

 「甲子園経験のある強豪校で、聖地を目指したかった」。大宮東に入学後、必死に練習した。河西竜太監督も「一生懸命でリーダーシップもある選手。レギュラーにな...    
<記事全文を読む>