「脩斗が野球する姿が大好き」。ずっと応援してくれた祖母・利子さん(69)に乳がんが見つかったのは一カ月ほど前。抗がん剤治療ができないほど弱った祖母と、二つの約束をして最後の夏に臨んでいた。

 「チーム最高成績を上回る8強進出」と、「ホームランボールのプレゼント」。1回戦、約束の一つが実現した。第3打席で左越え本塁打。記念のボールを手渡したくて、球場からそのまま病院へ向かった。祖母は「さすがだね。良かったね」。うれしくて次も勝つと心に決めた。

 2回戦。延長十二回表に勝ち越されたが、その裏に引き分けに持ち込む同点適時打。再試合を制し、臨んだこの試合の前日、利子さんの通夜があった。

 母...    
<記事全文を読む>