(15日・埼玉県営大宮球場ほか) 第7日は3回戦16試合が行われ、Dシード埼玉平成は立教新座に3―2と逆転勝ちを収めた。

 埼玉平成は1―2の八回2死二塁から時田が適時三塁打を放ち同点とし、鈴木が決勝打を放った。八潮南は深谷一に8―1で快勝し、初の4回戦進出。聖望学園はCシード草加西を7―3で破った。川越総合は昌平に5―4と競り勝った。Aシード勢の浦和学院、花咲徳栄はそれぞれコールド勝ちで4回戦に進んだ。

 第8日は16日、県営大宮など6球場で残りの3回戦16試合を実施し、ベスト32が出そろう。■15日の勝敗▽3回戦浦和学院7―0浦和春日部東13―3坂戸川越5―1鴻巣星野12―0大宮...    
<記事全文を読む>