第99回全国高校野球選手権埼玉大会は15、16日の両日、県営大宮球場などで3回戦32試合が行われる。ここまで浦和学院、花咲徳栄などシード勢は15校が初戦を突破。甲子園の切符を懸け、実力校がしのぎを削る中盤戦に突入する。

 2回戦で上尾に完封勝ちした浦和は13年ぶりの夏2勝を目指してAシード浦和学院に挑戦する。Cシード草加西は昨夏準優勝・聖望学園との顔合わせ。昨夏王者の花咲徳栄は大宮南を迎え撃つ。

 地力のある私学勢がぶつかり合う本庄第一―川越東は注目のカード。公立勢同士の松山―久喜北陽、鷲宮―大宮東も好試合が予想される。

...    
<記事全文を読む>