第99回全国高校野球選手権埼玉大会は15、16日の両日、県営大宮などで3回戦32試合を行い、中盤戦に突入する。ここまで浦和学院、花咲徳栄などシード勢は15校が初戦を突破。昨夏は3校のシード勢が敗退した3回戦。実力校同士がしのぎを削る激戦の見どころを探った。

 13年ぶりの夏2勝を目指す浦和がAシード浦和学院に挑戦する。

 浦和は2回戦で上尾に2投手の継投で2―0と完封勝ち。エース小嶋は直球と変化球の球速差で打たせて取る。昨夏の登板実績がある左腕鈴木も経験は十分だ。不要な四死球を減らし守備からリズムをつくり、斉藤ら勝負強い打者で好機をものにしたい。浦和学院は先制機を逃さないこと。

 C...    
<記事全文を読む>