第99回全国高校野球埼玉大会は十一日、川口市の川口市営球場などで2回戦19試合が行われた。庄和-大宮西では、終盤に粘り強さを発揮した大宮西が4-2で競り勝った。

 大宮西は相手投手の立ち上がりをとらえ、序盤に2得点。だが失策などミスに付け込まれ四、五回に各1点奪われ同点とされた。だが直後の五回裏に田口大智選手(三年)の右越え三塁打などで勝ち越し、七回にも1点を加えた。

 大会三連覇を目指す花咲徳栄は越谷総合に11-1(五回コールド)で快勝。過去最高の4強超えを目指すDシード東農大三は五回に8点を加える猛攻を見せ、鳩山を10-0(同)で下した。

 十二日には2回戦27試合を予定。前回大...    
<記事全文を読む>