第99回全国高校野球選手権埼玉大会は8日、県営大宮球場で156チームが参加して開会式が行われ開幕。夢の甲子園出場を懸け、19日間にわたる熱戦の火ぶたが切って落とされた。決勝は、26日午前10時から実施され、優勝チームが全国高校野球選手権(8月7~21日・甲子園)に出場する。

 午前11時、強烈な真夏の日差しが照りつけ、約1万8千人の観客が見守る中、高らかに開会が告げられた。入場行進では前回大会優勝で3連覇を目指すAシード花咲徳栄を先頭に、最後の越谷総合までの156チームが元気よく行進した。

 式では花咲徳栄の千丸剛主将が優勝旗を返還。続いて吉野龍男県高野連会長が「ここに立つどのチー...    
<記事全文を読む>