この仲間でなかったら、きっと今この場にはいない。春4強、夏8強と歴史を塗り替えてきた前橋東の強みはチームワーク。退部を思いとどまらせてくれた周囲の支えが、何よりもそれを物語ると思っている。 ◎野球をやる意味 思い悩み  昨年12月ごろ、グラウンドに足が向かなくなった。定位置をつかんでいたわけではなく、試合に出られず結果も残せない状況が悔しかった。「野球をやっている意味が分からなくなった。楽しいと思えなかった」  部員の間に動揺が広がった。幼なじみの主将、市川斗麻は「あいつはマイナスな方へ考えてしまうと分かっていた。自分がもっとコミュニケーションを取っておけば」と振り返る。「チー...    
<記事全文を読む>