入学した2年前の春、練習試合で健大高崎に2―28で敗れた。夏は先輩たちが準決勝で1―7。今春は同じスコアで負けた。私学を、健大を倒して甲子園に行くために頑張ってきた。「今日こそ絶対に勝つ」。雪辱できる最後の舞台に臨んだ。 ◎健大から先制本塁打  2打席目の三回2死二塁。カウント1―1からの内角119キロのチェンジアップを「強気で思い切り」振り抜いた。右翼スタンド中段に飛び込む先制の2点本塁打。公式戦初という意地の1発を宿敵に浴びせ、力強く右拳を突き上げた。  両親、6歳上の兄、いとこ2人がいずれも前橋商出身。2011年の夏は兄が2番、いとこが3番を担った。小さい頃からよく試合を...    
<記事全文を読む>