▽準々決勝(上毛新聞敷島)  健大高崎   000 500 7─12   002 000 0─2   前橋商 (七回コールド)  健大高崎が2試合連続の2桁安打、2桁得点でコールド勝ち。四回に湯浅、竹本、小野寺の適時打などで逆転し、七回は打者11人の猛攻で7得点した。山下は4試合連続2ランを放った。  前橋商は三回に森沢の2ランで先制したが、その後は散発2安打。得点機も生かせなかった。 「来年は甲子園に」前橋商・森沢駿主将の話  悔しい。勝ちたかった。ついてきてくれた3年生に感謝している。後輩は力があるので来年こそ甲子園に出てほしい。

...    
<記事全文を読む>