第99回全国高校野球選手権群馬大会第11日は23日、上毛新聞敷島球場で準々決勝2試合が行われ、前橋育英が4―0で常磐を、健大高崎が12―2の七回コールドで前橋商をそれぞれ下した。健大の山下航汰が4試合連続2ランを放ち、個人(4本)、チーム(7本)ともに1大会の最多記録に並んだ。大会第12日は24日、同球場で準々決勝の残り2試合を行う。  《23日の結果》  ▽準々決勝  前橋育英 4-0  常 磐  健大高崎 12-2  前橋商  《24日の試合》  【上毛新聞敷島】▽準々決勝  (1)前橋東 - 農大二  (2)桐生南 - 明和県央  ※試合開始予定時刻は(1)9時(2)11...    
<記事全文を読む>